撃退方法は必ずある|めまいで悩んでいるのなら耳鼻科に応援を頼もう
看護師

めまいで悩んでいるのなら耳鼻科に応援を頼もう

撃退方法は必ずある

医者

風邪などによって鼻水が出たり頭痛がするのはよくあることです。しかし、これらの症状が長引く場合には副鼻腔炎を併発している可能性があります。副鼻腔炎とは一昔前までは蓄膿症ともよばれていた疾患です。症状としては、長期間にわたる鼻詰まりや粘性の高い鼻水が続くことのほか、喉の奥に鼻水が落ちてくる症状や悪臭のする鼻水が出るなどの症状がみられます。この副鼻腔炎には、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の二つがあります。急性副鼻腔炎はウイルスの影響によって目の下や鼻の横にある上顎洞や篩骨洞に炎症が生じることで、鼻づまりや頭痛などの症状がみられるようになります。急性副鼻腔炎の場合にはこのウイルスの影響がなくなり、炎症が治まると自然に症状が改善されることも多いのですが、自然孔とよばれる鼻腔と副鼻腔をつなぐ孔が狭くなってしまう慢性副鼻腔炎にまで症状が進んでしまうと、自然に症状が改善されることはないので治療が必要となります。

副鼻腔炎の治療は耳鼻科で行っています。治療は早期に行なえば慢性副鼻腔炎へと進行することを抑えることもできるので、副鼻腔炎の症状がみられる場合はできるだけ早めに診察を受けることが大切です。新宿の耳鼻科ではこの副鼻腔炎の治療に力を入れています。副鼻腔炎の治療期間は症状によって異なりますが、急性副鼻腔炎の初期の段階であればネブライザーやマクロライド系の抗生物質を使用することにより、2週間から3週間ほどで治療することが可能となっています。新宿周辺のビジネスマンの方で副鼻腔炎などの症状がみられる方は、新宿の耳鼻科で診察を受けることをおすすめします。仕事などの都合で継続して通院することが難しい方でも、新宿の耳鼻科であれば遅くまで診療を受け付けているほか、公共交通機関などのアクセス方法にも恵まれているので余裕をもって治療を受けることが可能となっています。