大切な耳を守る|めまいで悩んでいるのなら耳鼻科に応援を頼もう
看護師

めまいで悩んでいるのなら耳鼻科に応援を頼もう

大切な耳を守る

女性

高齢の人で耳が遠くなってしまった場合、治らないと思い込んでしまって、補聴器を購入してしまう人がいます。しかし、難聴で片耳が聞こえなくなっている可能性があるので、まずは耳鼻科を受診することが大切になります。難聴は治りにくいことで知られていますが、症状にはいろいろなタイプがあって、早めに治療することで聴力が回復するケースもあるのです。耳鼻科の専門医は、患者の難聴が治療によって治るかどうかを判断しますが、治らないケースでは補聴器の利用を勧めてくれます。補聴器についてですが、近くの耳鼻科が補聴器に詳しいとは限らないので、紹介ページに補聴器の記載がある耳鼻科を受診することが大事です。また、難聴を専門的に扱っている耳鼻科医は補聴器についても詳しいので、そのような医師がいる耳鼻科を探しましょう。

難聴の人が補聴器を使う場合は、耳鼻科の医師との相談や診察を行ったうえで、利用することが大切になります。なぜなら、機械自体が高額なうえに、難聴の場合は調整が難しいからです。このように、購入すると高額な補聴器ですが、レンタルと介護保険制度を使えば患者の負担を減らせる可能性があります。耳鼻科医は機械の使用を相談するときに、初めての人には購入よりもまずレンタルすることを勧めています。患者によっては使っても聞こえなかったり、慣れるまで時間がかかったりするので、すぐに購入するのはリスクが高いからです。また、耳鼻科医の診断書があれば、介護保険制度によって補聴器のレンタルや購入に補助金が下りるケースもあるのです。